大手を賭けて|ワンルームマンションを投資しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産の投資方法です

お金とマンション

投資用マンションを購入することは大きな資金をかけることになりますので、物件選びが重要です。現金収入であるキャッシュフローだけを気にするのではなく、物件の資産価値を確認することが大切です。自分で居住する目的の物件ではなく、投資用として活用して利益を上げる目的で購入する物件である点が特徴です。

もっと読む

転勤の時に考えること

内観

転勤の可能性があるため、住宅を購入することをためらっている方は、リロケーションと言う方法を知る必要があります。このリロケーションを有効に活用することで、転勤などでそこに住むことができなくなる心配を解消する事ができます。

もっと読む

安全な投資先

アパート

マンション投資は株式投資よりも安全性が高いのですが、マンション管理が難しそうと感じる人も多くいるようです。しかし、マンション管理会社に任せることで、面倒なトラブルにも対応してくれます。安全な投資先を探しているという人は、マンション投資を考えてみてはいかがでしょうか。

もっと読む

不動産を上手に活用する

部屋

最近とても人気がある

ワンルームマンションといえば、一人暮らしの人の住まいとして知られています。ところが、最近では投資目的で活用する人が増えてきているのです。その理由はいろいろ考えられています。例えば、これからの時代、一人暮らしの人が増えることが予測されています。そこで、ワンルームマンションの投資が有効的となるのではないかと考えられているというわけです。また、相続でワンルームマンションを所有することになったという人も多くなっています。自身が住むわけにはいかないのなら、当然、投資用として活用することになるはずです。このように、様々な理由からワンルームマンションは投資目的として活用されることが多くなってきているというわけです。

広いところを探そう

ワンルームマンションを投資目的として活用するのなら、広さにこだわりを持ってみることがポイントです。男性学生でお金のない人が一人暮らしをするワンルームマンションというと、築年数もかなり経っており、とても狭いイメージを持つ人も少なくありません。このようなタイプでは、当然、投資用としては活用できません。投資用とするのなら、ある程度の広さがs必要になります。ワンルームといっても8畳のところもあれば、20畳のところもあります。広ければ広いほど、使用目的も多岐にわたることができるので有効的です。投資にはまさにピッタリと言えます。特に、都会に行くと、こういった広さのワンルームマンションが多くなっています。投資用なら都会で探した方が有効的です。